“Ex Anima VR” at Zingaro theatre Image

“Ex Anima VR” at Zingaro theatre

フランスの映像プロダクションのATLAS V社のプロジェクトである “Ex Anima VR” at Zingaro theatreでSony社のハイエンドシネマカメラのCine Alta VENICEとEntaniya Fisheye HAL250 E 6.0を使用して撮影が行われました。

Sony Cine Alta VENICE

ハイエンドシネマカメラ

Sony社のハイエンドシネマカメラのCine Alta VENICEは35mmフルサイズセンサーを持った映画用のカメラです。

フルサイズセンサーによるダイナミックレンジの広い美しい映像が撮影できるのはもちろんのこと、6Kの高解像度撮影もでき、高画質なVR撮影用途としても最高のカメラの中の一つであることは間違いありません。

Entaniya Fisheye HAL250 E 6.0

撮影はCine Alta VENICEmにEntaniya Fisheye HAL250 E 6.0、および、2台のRED GeminiとCanon 8-15mmを使用してフランスのATLAS V社によって行われました。

Entaniya Fisheye HAL250 E 6.0を撮影で使用するにあたり、目盛りやギアを装着するなどのカスタマイズが行われています。

“Ex Anima VR” at Zingaro theatre


Sony Cine Alta VENICEを1台とEntaniya Fisheye HAL250 E 6.0を使用して行われた撮影方法が凄いです!

Sony Cine Alta VENICEにEntaniya Fisheye HAL250 E 6.0を装着した状態で天井から宙吊りにして撮影しています。

Entaniya Fisheye HAL250の視野角を活かしてカメラ一台で撮影する場合は、レンズを上向きに設置するというのはよく行われる方法ではありますが、まさかの宙吊りです。

その撮影方法は大胆なだけでなく、宙吊りにすることでレンズの死角は天井部分だけになるため、被写体がカメラの近くや真下に来たとしても問題なく撮影できる、とてもクレバーな方法ですね。

Zingaro ジンガロ

Zingaroとはフランスのパリに拠点を置く人と馬が共演する舞台芸術集団です。人馬が織りなす幻想的なパフォーマンスで非常に高い評価を得ています。日本でも公演したことがありますね。

今回の撮影ではZingaroの演目の一つであるEx AnimaがVR撮影されました。カメラを中心に馬が走り回るような演出があることからもVR向きな演目であることが伺えます。このVRを見る人は、舞台の中央からの視点になるわけですから、通常では絶対に有り得ない場所から観覧できるということですよね。これは見たい!

Zingaro Theater
Ex Anima

最後にこのプロジェクトに関わった方々の集合写真を掲載しておきます。吊り下げられたカメラからの視点ということはSony Cine Alta VENICEとEntaniya Fisheye HAL250 E 6.0で撮影された動画からの切り出しと思われます。綺麗ですね。

“EX ANIMA VR”

Shooting January 2019 – Zingaro theatre at Aubervilliers, France
ARTISTIC

PRODUCTION : ATLAS V

Producer : ANTOINE CAYROL
Producers assistant : GABRIELLE FLOQUET
Producers assistant : CORENTIN LAMBOT
Producers assistant : DASH SPIEGELMAN
DAF : ANNA DE TARADE
Line Producer : JULIEN BERCY
Production trainee : JOHANNA BONDOUX
Production trainee : PAULINE FAES

DIRECTORS

Director : BARTABAS
Director : PIERRE ZANDROWICZ
1st assistant director : MAUD MATHERY

THEATRE : ZINGARO

Choregrapher of the equestrian show : BARTABAS
Bartabas assistant : EMMANUELLE SANTINI
Line producer Zingaro theatre : HENRI CARBALLIDO
Technical director Zingaro theatre : HERVÉ VINCENT
Light manager Zingaro theatre : SOPHIE PRIETZ
Set technician Zingaro theatre : CECILE BORRY
Set technician Zingaro theatre : YANNICK BOUTET

UNIT

Unit manager : ARTHUR BASCHUNG
Unit manager assistant : KIJA KING
Unit manager assistant : PAULINE SOLEIL
Set security : STEPHANE BARILLET

CAMERA

Director of photography : JEAN BAPTISTE VILLECHAIZE
1st assistant camera : BENJAMIN DENOYER
Digital Imaging Technician : NICOLAS DIAZ
Set photographer : LEO CANNONE

ELECTRIC

Gaffer : BRICE TUPIN
Electrician : LEO PETIT
Electrician : BENOIT GALLAIS
Electrician : THIBAULT FERRAND

GRIP

Key grip : VINCENT BLASCO
Grip : OLIVIER THUAL

SOUND

Sound engineer : YVES BAGOT
Sound engineer : GABRIEL GUERIN

WARDROBE

Wardrobe : YANIICK LAISNE

PRE-PRODUCTION

Storyboarder : NICOLAS BOURNIQUEL

POST-PRODUCTION STUDIO : SAINT GEORGE STUDIO

Post-production studio manager : BASTIEN HARISPE
VFX supervisor – Artistic director : JAMES SENADE
VFX supervisor : GEOFFREY PONS
Post-production coordinator : ELOÏSE REY
Post-production coordinator : FRANCOIS DENIN
Stitcheur
Editor : ALICE MOINE
Editor assistant
Grading artist

SOUND STUDIO

Sound designer : GABRIEL GUERIN

EQUESTRIANS

Equestrian : ALICE SEGHIER
Equestrian : DAVID WEISER
Equestrian : MESSAOUD ZEGGANE
Equestrian : ETIENNE REGNIER