広角魚眼レンズで作るスーパーワイド映像

上記のサンプルは250°の魚眼レンズで撮影した映像を魚眼レンズの映像の歪みを補正する動画制作ソフト用のプラグインRE:Lensを使用して歪みを補正して2.35:1のシネマスコープサイズに展開しています。

魚眼映像からスーパーワイド映像へ

アナモルフィックレンズで撮影した映像を引き伸ばしてワイド映像に変換するように、魚眼レンズで撮影した映像の歪みを補正することで従来の映像機材で撮影できないスーパーワイドな映像を作り出すことができます。視野角200°を超える超広角魚眼レンズならではの新しい映像表現です。

How to remove the fisheye distortion(RE:Lens)

魚眼映像からスーパーワイド映像への変換は動画制作ソフト用のプラグインRE:Lensで行えます。
ここで紹介した方法は数ある方法の中の一つです。Nukeなどの映像ソフトを使用すればより歪みを補正することができます。